*

ご挨拶

私たちがクライアントに提供したいと考えているのは、単なる「データ分析の結果」だけでなく、「実際に改善された医療機関の経営」そのものです。

「社会保障制度改革が進む中、経営環境がどんなに厳しくても、医療や介護は力強く存続していなければならないはず」これは、私たち日本ヘルスケアプランニングの設立コンセプトであり、ずっと胸に秘めていた思いです。
医療を取り巻く環境は急激な変化を続けています。医療機関にとって大きなテーマとなるのが、地域の医療ニーズをいかに正確に掴むか、その地域に合わせた「身の丈にあった医療提供」とは何か、を正確に把握し、今後の医療制度改革に合わせた病院機能へと変革させていくことです。同時に医療の質の向上も実現させていかなければなりません。改革に向けては「患者様のためにできることを実践していく。そのあとに診療報酬はついてくる」という考え方が基本になると信じております。

いま各医療機関に求められているのは、地域医療の中の位置づけであり、地域社会に求められる医療の質をしっかりと考えられる医療人の育成が今後の医療経営の根幹となるはずです。日本ヘルスケアプランニングでは、こうした概念のもと、これまで多数の医療機関の経営改革を行ってまいりました。すでに多くのクライアントから高い評価をいただいており、リピートも続いております。今後ともお客様の信頼あるパートナーとして成長をめざしていきます。

president1

代表取締役 八田 正人